友人からのお金の借り方

友人からお金を借りる、これほどトラブルに発展する可能性があることはありません。お金の貸し借りは信用問題に発展します。友達関係では信用を失うことにつながりかねない危険な行為です。

 

逆の立場で考えてみよう

友人に借金を申し込む側ではなく、貸す側として考えてみましょう。もし友人にお金を貸してくれと頼まれたら、どのように感じるでしょうか?

 

  • なぜ自分なのか
  • 本当に返すのか
  • 借用書は取り交わせばいいのか
  • 担保として何か用意してもらうべきなのか
  • 何に必要な資金なのか

 

さまざまな思いがあるでしょう。

 

数いる友人の中でも、どのように比較されて自分に申し込んできたのかをまずは考えることでしょう。

 

その金額がいくらであっても、返すかどうかを不安に感じるはずです。約束の期限を決めてもその日までは安心することができないかもしれません。

 

万が一返済を相手が忘れていたらどうでしょうか。催促をすることすら躊躇してしまう可能性じゃ十分にあります。

 

こちらが軽い気持ちで借金を申し込んだとしても、相手の心の内を考えると容易な決断ではできないことがわかります。友人だからこそ相手は断りきれずに、催促をすることもできずに、ただ信頼関係が壊れてしまう恐れは十分にあるのです。

 

だからこそキャッシングがある

友人知人に借り入れをしなくても、消費者金融や銀行カードローンなど融資を扱う会社があります。明確な契約をしなくてはなりません。金利が決められており、それに伴う利息もあります。

 

返済は必ず行わなければならず放置することはできません。また、審査があるため確実に借り入れができるのかといえば、断言をすることはできません。

 

たくさんのサイトで消費者金融や銀行カードローンなどの借り方についての情報が錯そうしています。

 

利用方法は慎重に考えなくてはなりませんが、果たして今、友人に借金の申し込みをすることで、これまでの関係が破綻することがないのかどうか今一度考えてみましょう。

 

カードローンの利用は考えているほどに怖いものではありません。業者選び、借り方返し方、十分な知識をつけて利用をすることで健全なキャッシングが出来るものです。